足袋で旅するTabiTabi

~週末しかとれない方も、日帰りで旅に行きたい方も、マイルを貯めて弾丸旅行~

のんびりコタキナバル滞在 キナバル山、マレーシアで一番綺麗な夕日を眺めながら

time 2019/10/12

のんびりコタキナバル滞在 キナバル山、マレーシアで一番綺麗な夕日を眺めながら

コタキナバル、名前は聞いたことはある。。

でも、どこ?

っていう人多くないでしょうか。

実は、マレーシアなんです。

どこから?

日本からだと、意外と香港とかマニラ経由だったりでいけます。

我々は、マイル修業の一環でクアラルンプールから飛びましたが。

国内だけど、3時間かかります。

日本の方向に戻ることになるんです。

エアアジアは、さすがクアラルンプールがお膝元。ということで1時間に1便とかの頻度でコタキナバルに飛んでいます。

コタキナバルには、キナバル山という世界遺産があります。

そのまわりはジャングルで、ラフレシアとか、オランウータンも見られると有名です。

コタキナバルのヒルトンは、クアラルンプールより少し安いぐらい。

日本からすると激安になります。

マレーシアは、本当に高級ホテルが安くで泊まれるので、それを目的に行くのもありだなーと思います。

今回も、あわよくば、と思っていたExecutive Floorにアップグレードを無料でしてもらいました。

コタキナのヒルトンは、Executive Loungeが超広い!スタイリッシュ!きれい!


珈琲マシンも新しく、おいしいカプチーノが飲めちゃいます。

コタキナバル2泊3日。交通手段で大活躍したのは、Grabです。

びっくりするような金額でタクシー代わりの車に乗れます。

それこそ300円とか。。

到着した日は、ラウンジでご飯を食べて。

翌日は、のんびりとサンデーマーケットまで、Grabで呼んだ車でお出かけです。

そもそも、タクシーが少ないので、Grabがないと、どこに行くにも足がなくて困ります。

自分で車をレンタルしてもいいですが、Grabが安すぎて、ちょこっとの移動ぐらいなら、Grabのほうがお得でしょう。

さて、サンデーマーケット。

いろんなお店がありますが、基本そんなに買いたくなるものはなく。

ぶらぶらと歩きます。

もう終わりかけだったので、店じまいしているお店もたくさんありました。

途中の麺屋さんでお昼を食べて

暑いので、やはりGrabでホテルに帰って休憩です。

夜はラウンジで軽く食べてから、Grabのおじさんが教えてくれた、ホテル裏のシーフードレストランへ。

同じ名前のレストランがずーっとモールの端まであります。

ところどころに、いけすがあって、自分が食べたい魚とか、カニとかを指さして重さをはかってもらって

料理法を選んで料理してもらうスタイルです。

伊勢海老と黒いカニと野菜炒めを選びました。

ちょっと味噌っぽいお味?だからかけっこう濃い味で、途中でギブアップ。

味は醤油系がよいかもしれません。

帰ってラウンジでやはりゆっくり。

お酒は時間が決まってますが、コーヒー紅茶はいつでも飲めます。

スタッフもフレンドリーです。

受付でどこかにツアーないのか聞いてみたら、ラウンジにわざわざ下からツアー担当が。

お勧めを聞いて、コタキナバルへいく、プライベートツアーといっても、車を出してもらうだけのツアーになりました。

水に浮かぶモスク→キナバル山→ラウンジ→ビーチの夕日→ラウンジ

水に浮かんでいるように見えるモスクを外から眺めました。

外側と内側で観光料金が違います。

コタキナ山がみえる休憩所で休憩し、国立公園へ。

5コースぐらいあるので、どこか歩いてみようと散策コースへ。

草が伸び放題で人もさっぱりいません。

ちょっと怖くなるかも?

無事うえまでたどりつきました。

完全観光客向けのレストランに入りました。

高いですが、二人で春巻き一つとラクサ一つを注文です。

降りていくと、ガイドさんが待っていました。

帰りに、イギリスが作ったという吊り橋を渡って、ホテルへ帰ります。

ホテルに着くと、ラウンジがあるので、そこで軽食をかきこみます。

基本的に、ラウンジに軽食もあるので、外食しなくても、お腹は空かないと思います。

そしてすぐにGrabで夕日の有名なビーチへ。

つくと浜辺は人だらけ

でもたしかに夕日はきれいです。

ひとしきり見て、またヒルトンのラウンジに戻り、その後はゆっくり飲み物を飲んでいました。

ホテルのプールは最上階にあります。

韓国人が一杯ですが、ふつうに日差しであったかくなっているので、真水というほど冷たくもありません。

コタキナバルのヒルトン、本当にお勧めです。

空港までも約車で20分。

Grabで非常に安く行けました。

クアラルンプールに飽きた人は、コタキナバル、いかがでしょうか。

down

コメントする